11月号(No.478) 2021年11月10日発行 | 長崎青年協会|長崎|地域社会の発展

11月号(No.478) 2021年11月10日発行

一般社団法人 長崎青年協会
2021年度
11月号
現役会員数
44

会長挨拶

第53期会長 佐藤 慎太郎



日増しに寒さが身に染みるようになりましたが、今年はインフルエンザだけでなくコロナも心配なので、体調管理には本当に気を遣います。
ワクチン接種者も増え、新規感染者も減ってきており景気も少しづつですが回復傾向にあるのではないでしょうか。
各方面、出来ることを模索しながらではありますがコロナと共存しながら前を向いているようにも思われます。
さて当会は21日の総会に於きまして、次年度の会長候補者が橋本哲君に決定致しました。
私も昨年、皆さんの前で所信表明をして自分の熱い想いを言葉にしたことを思い出し、と同時に残りの期間をしっかり全うしなければと強く思いました。
今後はまだまだ楽しみな事業が控えております、残り約半年間会員一丸となって頑張っていきましょう。


令和3年度 スローガン

NYA広報誌
TOPICS!

  • 10月臨時総会・定時例会
  • 3団体意見交換会
  • おくんち親睦広場中止に関して
  • 2021ながさきみなとまつり中止に関して
  • DIY体験

11月・12月行事予定

11/7
家族懇親会
11/19
臨時総会・定時例会
11/28
福祉事業

新人交流委員会から会員募集のお知らせ

 新人交流委員会です!

新型コロナウィルスの拡大により、協会としても委員会としてもなかなか活動ができない状況が続いております。 活動ができない中でも新人情報を集めるなど委員会メンバー全員で奮闘しております

状況が落ち着き次第新人獲得を目指しガンガン動いていくのでご協力よろしくお願いします。

 今年度スローガン『友に、前へ。』のもと 協会パワーで一丸となり、新型コロナウィルス感染症を乗り越えていきましょう!!

 



10月臨時総会・定時例会



















10月21日(木)に臨時総会・定時例会をタクシー会館にて開催となりました。
会長挨拶・委員会報告
<会長挨拶>
本日は来年度の会長を決める臨時総会となっております。 皆様しっかりと審議の方、宜しくお願い致します。


<総務例会委員会>
臨時総会に参加いただき、ありがとうございます。 総会終了後は企画を用意しております。 本日は宜しくお願い致します。

<広報委員会>
広報誌10月号を発行致しました。閲覧の程、宜しくお願い致します。 また平和の灯へのご協力頂きありがとうございました。

<地域福祉委員会>
現在、福祉事業の開催に向け全力で動いております。ご協力をお願いすることがあるかと思いますがよろしくお願いいたします。

<新人交流委員会>
家族懇親会がいよいよ来月開催されます。ご参加宜しくお願い致します。 また、新人も募集しておりますのでご紹介宜しくお願い致します。
今後も新人獲得にご協力よろしくお願いいたします。

<本部>
青年3団体合同意見交換会へ参加致しました。 他団体のコロナ禍での活動状況等、大変有意義な時間となりました。

臨時総会・定時例会
小休憩後、臨時総会へと移行し、定款の規定に基づいて総会が成立したことが宣言された。
議長には長野君、議事録作成人には安慶名君が選出され第一号議案『令和4年度会長候補者選任の件』の審議に入った。
初めに、選挙管理委員会の北島君より立候補者についての経過が報告され、立候補者が橋本(哲)君の1名であることが報告された。
投票に入る前に、藤丘君より推薦の弁が述べられ、橋本(哲)君の経験と人柄が語られた。続いて橋本(哲)君より所信表明があり、「来年度を会員が皆、楽しいと思えるような1年にしたい」と落ち着いた表情で語られた。
その後、投票が行われ、賛成多数にて橋本(哲)君が令和4年度の会長候補者として選任された。会員からは拍手が沸き起こり、橋本(哲)君が再び登壇し、「決まるまで不安であったが、選んで頂いた事に感謝し自分も成長していきたい」と内に秘めた熱い思いが語られた。 その後、第二号議案『その他』について動議はなく、臨時総会は閉会となった。
 続いて、定時例会へと移り総務例会委員会からの企画が行われた。
今回は旧県庁跡地についての再活用についてグループに分かれ、意見を出し合った。
公園や商業施設、そして駐車場等、様々な意見が出され、会員が真剣な表情で考えていた。
その後、誕生者祝と総務例会委員会の佐藤(峻)君と田川(智)君による渾身のヨロコビが行われ、最後に青年協会の歌を皆で斉唱し10月の臨時総会・定時例会は終了した。

3団体意見交換会

10月19日(火)の18時30分より3団体意見交換会に、佐藤会長,平井専務理事,赤木副会長,桐野本部理事,常盤室長,橋本室長、鈴木室長の7名で参加しました。
各団体コロナ禍において、状況に合わせた事業と予算立てをしていき、会のモチベーションを保っていた。当会も同じ状況下にあり、参考にする事で今後の発展に繋がると感じた。
また、会員の拡大について話が多く出ていた。青年会議所及び商工会議所青年部についても、会員の拡大に悩みがあるが、会全体で問題定義し、会員全体で動いるとの事だった。
今回の意見交換会に参加した事で、今の状況下でも出来る事は多くある事と、可能性の拡がりを感じた意見交換会であった。


おくんち親睦広場

例年、江戸町公園にて開催しております“おくんち親睦広場”ですが、長崎くんちが新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止となったため、それに伴い“おくんち親睦広場”も中止となっております。



2021ながさきみなとまつり・きゃあまぐる坂GP

例年当会が警備ボランティア等で参加するながさきみなとまつりは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、夏の開催を延期し、10月の開催に向けて継続して検討されていました。
しかし、残念ながら本年は延期ではなく中止となりました。それに伴いまして、きゃあまぐる坂GPも同様に中止となっております。



活動への招待状-集まれ同好の士

広報委員長松尾です。この企画も8回目……….
今回は今まで通りですとスポーツの秋ということでスポーツに参加してきた!!
というような内容を紹介をするところですが、それではワンパターンすぎて面白くない!!
ということで

今回は、




 【DIY体験】屋根の上で作業【古民家再生】




ということで、今回は当会副会長の窪井君が行っている古民家再生に参加してまいりました。
この古民家は最初はほぼ廃屋のような状態のところに再生して利用できるように少しずつ手を入れていっている状態です。
今回は屋根の補修をするということで参加させていただきました。
平家の屋根ということなのであまり気にせずに簡単に考えていたところ………………。 屋根に上がると想定よりも結構高さがあり、屋根がまた結構広い、高所恐怖症ではないし逆に高いところは得意なつもりだったのですが少し不安がよぎりました。
実際の作業は屋根の瓦にローラーやハケを使い塗料を塗る作業を行いました。作業を続ける中で高さへの不安感はなくなりましたが、体制を維持するのが思っていたよりも大変で慣れるまでは作業スピードをなかなか上げれませんでした。
片面を塗り終え一旦休憩片面を塗るのに3人で作業をして2時間半程度かかりました。昼休憩をはさみ別の面の2度目の塗りを行いました。乾いた面に重ね塗りを行うと仕上がりがきれいになっているのが良くわかりました。
慣れるまではなかなか大変で想定よりもやりにくい作業だったのですが、慣れるとスムーズに塗れるようになりました。
一回塗っただけだとそこまで大きな変化は見えませんでしたが、重ね塗りをするときれいに仕上がり、DIYでもきれいにできるということがわかりました。
自宅の補修なども今までは自分では無理だと思っていましたが、今回の体験でもちろん全てではありませんがやってみると自分でできることはあるのかなと思う体験でした。
―後日―
作業は高さに慣れたことでそこまでキツくはなかったのですが、屋根の上での作業ということで普段使わない筋肉を使い翌日は結構な筋肉痛に悩まされました。

 

                        左側:塗装前・右側:塗装後


11月号広報誌アンケート!

広報誌に関するアンケートを実施いたしております。
下記をクリックしてご回答いただければ幸いです。
宜しくお願いします。

※アンケートサイトにジャンプします。