2月10日 媽祖行列

カテゴリー:

長崎ランタンフェスティバルの一大イベントである媽祖行列の荷主役に桐野会長、また唐通事役(通訳)を吉田(法)君が務め、その他の会員も荷主が乗る船を曳いての参加となった。  

 今年は前日での参加となり、孔子廟から興福寺までの『菩薩揚げ』を担当し、航海安全の神とされる媽祖様を興福寺の媽祖堂へ安置するまでの行列を再現した。各会場においては、直庫踊り及び順風耳と千里眼の所作が披露され、メイン会場の湊公園では桐野会長が中国語での挨拶を、そして吉田(法)君がそれを訳し、緊張の面持ちで行った。